病と闘うふたりの自由帳

病と闘うカップルが自由気ままに発信するブログ

看護学校の実習生 by いそ

こんにちは。

 

一昨日まで、看護学校の実習生の方が実習に来られていました。

わたしの病棟には5名(男性1名、女性4名)。

 

縁あって、その中のひとりがわたしの受け持ちをすることになり、3週間(と言っても平日だけなので実質10日くらい)、いろいろと話をしたり、透析の送迎をしてもらったり、外来受診の付き添いをしてもらったり、売店に行ったり、かなりの時間を一緒に過ごしました。

 

20歳の朗らかで聡明な女性で、話すのがとても楽しく、冗談を言って笑ったり、一緒に考えたり、とても良い時間を過ごさせてもらいました。

 

わたしのことを「どんな時でも前を向こうと頑張っていて、とてもポジティブ」と評してくれました。普段、ポジティブと言われることがないので、ちょっとびっくり、でも嬉しかった。

 

最後の日は「感謝してもしきれません!負けそうになったら、いそさんの言葉と顔を思い出してがんばります!」と両手を握って何度もお礼を言ってくれて、ウルッとしました。

 

実習生の指導にあたっていた看護師さんが「寂しくて胸がくーっとなる。」と言っていました。すごくわかります。

 

実習生の方が病棟に来なくなって2日経ちますが心にポッカリ穴が空いたみたい。

何かあったとき、(そうだ、これ学生さんに報告しなきゃ!)とかつい思ってしまいます。

 

またいつか看護師になった彼女と再会できたらいいなぁ。

そんな素敵な縁があればいいなぁと思いつつ、気持ちを切り替えて今日から3泊の外泊です。

 

前を向いて行こう。

ポジティブ、ポジティブ。