病と闘うふたりの自由帳

病と闘うカップルが自由気ままに発信するブログ

婦人科受診 その後 by いそ

こんにちは。

 

婦人科に、先週のMRIの結果を聞きに行ってきました。

 

左の卵巣が5cmくらいまで腫れてるので捻転の可能性があるということ。

それから子宮内膜がやはり肥厚していること。

 

前回断った子宮体がんの検査をやはりやることになりました。

 

もしどうしても痛くて我慢出来ずまた検査できなかったら、大きい病院で局所麻酔して検査してもらいましょうと先生から言われました。

 

きのうから看護学校の実習生の方がわたしについているのですが、学生も内診に立ち会ってよいのかと訊かれたので快く了承しました。

患者ってそういう役割も時にはしないといけないから、わたしで役に立てるならとそう思って。

 

検査ですが、やはり途中で断念。

痛くて痛くて心が折れました。

 

大学病院へ行くことが決定。

 

子宮の入り口に局所麻酔をして検査するらしいです。

 

経験したことのある看護師さんが言うには、麻酔はそれほど痛くないけど麻酔しても検査は痛かったとのこと。なんじゃそれ。麻酔の意味あるのかな?

 

恐怖心が大きいですが、とにかくやるしかないので、頑張ろうと思います。

それにしても、子宮体がんの検査、もっとラクな方法ないのかなぁ。

毎回ほんと怖いし痛いです。