病と闘うふたりの自由帳

心臓移植待機中の円融と精神疾患持ちで透析患者のいそが闘病生活を送りながら気ままに発信していきます。

ダスキンメリーメイドさんに再び来ていただくことにした by いそ

こんにちは。


家に帰ってもなかなかしんどくて片付けや掃除ができず、水回りの掃除くらいならなんとかやってるものの、全体の掃除となると行き届かない部分が多く、以前のように家事代行をしてもらいたいという思いがふくらんでいました。


数年前までは病状的に家に帰れなかったので、ダスキンメリーメイドさんに2週間に1回家に行ってもらって、不在の自宅の掃除や郵便物のチェックなんかをしてもらってたのですが、転院やら退職やらをきっかけに契約を一旦終了させてもらってたんです。


よく考えた末、妹に、「奨学金の返還がもうすぐ終わるからその分のお金を家事代行サービスに回すのはどうかな?」と相談してみたら大賛成してくれました。


妹も、月に一度くらいしか来られないし、わたしとふたりでは家のことはどうにもならないと感じていたようです。
特に引越し後に行き場を失ったモノたちが片付けられないままダンボール未開封で放置されてるのが気になってるみたいでした。


ここは一度リセットすべく、ダスキンさんの力を借りて生活をちゃんと立て直したいと思います。


退院後はヘルパーさんに来てもらえるので、それまでの中継ぎとして、お願いしたいと思ってます。と言っても退院の目処はまったく立ってないのですが。


妹いわく、「お姉ちゃんの調子が落ち着いたら、そんなに頻繁に来てもらわなくても回数を減らしたり、大掃除だけ頼んでもいいし。」とのこと。


ダスキンさんに見積依頼をしたところ、奨学金の返還が終わる9月に家の様子を見に来てもらえることになりました。


ただ、人員不足で2週間に1回は無理かもしれないそうです。
それはそれで、まあいいかと。


どうなるかわかりませんが、またここで経過報告したいと思います。


なんかたのしみ。