病と闘うふたりの自由帳

心臓移植待機中の円融と精神疾患持ちで透析患者のいそが闘病生活を送りながら気ままに発信していきます。

何度目だ、胃カメラ。 by いそ

こんにちは。

 

二週間ほど前から胃の調子があまりよくなくて、今回内視鏡の検査を受けることになったのですが、定期検診というわけでもなく胃カメラはだいたい年一回のペースで受けてます。

わたしは消化器系も弱いので、なにかと検査があってやっかいです。

 

胃カメラはとにかく苦手で、何回やっても慣れないし、過去には壮絶なまでに号泣しながら受けたこともあり、検査に対する不安を訴えていたので今回は病棟で事前にジアゼパムを筋注してもらってから挑みました。

 

昨夜の夜勤の看護師さんは「注射して行ったらボーッとしてるうちに終わるから大丈夫。」と言ってくれたのですが、いつも通り意識はハッキリしていて胃カメラはめちゃくちゃしんどかったです。

 

検査中、「ゲップしないでください!」と何度も先生から厳しく言われるのですが、ゲップを我慢したくても苦しくてどう頑張ってもゲップが出てしまう。

 

せっかく胃に空気を入れて膨らませても、ゲップをしたら胃が縮まるのでまた膨らませなければならず、検査がどんどん長引いてしまうため、わたしとしてもどうにかゲップを我慢したい。それでも出てしまうゲップ。哀しい。

 

「もうむり!検査もういいです!」と叫びたかったんですけど、そんなこと言えるわけもなく、ひたすら早く終わることを強く強く願いながらゲップしてました。

 

どうにか検査が終わったとき、付き添ってくれていた病棟の看護師さんが「見てるだけでしんどかったわ~、よう頑張ったね!」と言って、肩をポンポンとしてくれました。

 

早くこの病院にもカプセル飲むだけで検査できる胃カメラが導入されてほしい。そうすれば苦しみながらゲップして叱れられることもないのに。

 

病棟に帰ったら、注射が効いてきたのか、検査が終わった安堵感なのか、なんだかボーッとしてきて、体の力も抜けて、ベッドでふにゃ~となってました。

 

前日の夜9時から絶飲食をしていたので、お昼ごはんはモリモリ食べれるかなと思っていたのですが、食欲もわかず、胃もなんだか重たいし、それほど食べられませんでした。

 

去年の胃カメラのときは生検をしたのですが、今年はそれもなかったし、たぶん結果は問題なしだろうと思ってます。

またストレスの類いかなぁ。

 

諸々落ち着きますように。

 

f:id:iso92:20170223135751j:image

 

追記 

enyu-iso.hatenablog.com