病と闘うふたりの自由帳

病と闘うカップルが自由気ままに発信するブログ

「楽しむ」をテーマにして挑んだ外泊に失敗した by いそ

こんにちは。

週末に向けて尻上がりに調子が良くなり、外出だけの予定を急きょ外泊に変更しました。


土曜日は、以前から元勤務先の先輩に「一緒にランチ食べに行こう!」と何度も誘われていて、いろいろ言って延ばし延ばしにしてたのをさすがにあかんかなと思い、行くことに。(行くまでローテンションだったんですが、結局のところ、めちゃくちゃ楽しかった。)


今回は前日あまり睡眠が取れなかったものの、調子がよく、前回「100%自炊」をテーマに取り組んで目標達成できずだったので、今回は「リベンジ」という目標にしようかと思ったのですが、もっと肩の力を抜いたほうがいいと考えて「楽しむ」をテーマにしました。


実際、「楽しもう!」という気持ちで家事をするとストレスを感じることがなくて、いつもならちょっと面倒くさいなと感じる洗い物も、音楽をかけながら鼻歌まじりにやっていたらあっという間に終わってスッキリ爽快。


ちなみに夕食のメニューはこちら。
ミートソースパスタ、チキンスープ、サラダです。


チキンスープは腎臓病食用のレトルトを温めただけ。
その代わり(?)、ミートソースはちゃんと手作りしました。
腸を切った人のためのレシピ本に載っているレシピで作ってみたらめちゃくちゃ簡単で美味しかったです。
サラダはピエトロのノンオイルドレッシングで食べました。腸の負担を考えて、ノンオイルドレッシングをチョイス。(本当はマヨネーズで食べたい!)


腸を切った人を元気いっぱいにする食事170―おなかにやさしい! もたれない! 食がすすむ!

腸を切った人を元気いっぱいにする食事170―おなかにやさしい! もたれない! 食がすすむ!



この夕食のあとから違和感があったのですが、しっかり食べたのにまったく満腹感が得られず、空腹感で吐き気がしてくるほどだったんです。


コンビニにバナナを買いに行き、バナナを食べたのですが、食べてるときはなんとなく治まるのに、食べ終わったら襲ってくる激しい空腹感。


たぶんストレスを感じていたんだと思います。
それでも頓服を使ったりテレビを観たりして気を紛らしながら過ごしていました。


強い不安感に襲われて、いてもたってもいられなくなり、病棟に電話したのがたぶん夜の10時半前くらい。
不安でしかたなくてどうしていいかわからないけど明日まではなんとか頑張りたいと看護師さんに相談したのですが、結局病院に戻ることに。


病棟に着いて夜勤の看護師さんに出迎えられた途端、号泣。
悔しくてたまらなかったから。
日曜日の朝昼の献立もちゃんと考えていたし、調子がいいから今回の外泊は自信もすごくあった。
また失敗してしまったという情けない気持ちで悲しくて悔しくて。


看護師さんと話して、「お昼に遠出して、人と会って、楽しかったのと、夜になって急にひとりになって心細くなったギャップが大きすぎたのかな。外出するときは外出だけ、外泊のときは予定を入れずまずは家のことだけするのがいいかもしれないね。」と言われてしまいました。
反省。


今回「楽しむ」というテーマにしたけれど、前から言われている「外泊は遊びじゃない」という言葉が胸にきます。
気分転換も大事だけど、まずはひとりで家で過ごす時間を大切にしていこうと思います。



きのう、夜に帰ってきてしまって食材もそのままになってるし、忘れ物もしたので、家に帰ってお昼ごはんを作りました。



冷凍しておいた昨夜の残りのミートソースを使ってご飯を炒めて、オムライス。
卵3個使ったけど、あと3個も残ってる。
また帰ってきて何か作ろう。
家に帰ることを楽しいと思えるように、家でリラックスした時間が過ごせるように、少しずつ積み重ねていこう。