病と闘うふたりの自由帳

心臓移植待機中の円融と精神疾患持ちで透析患者のいそが闘病生活を送りながら気ままに発信していきます。

婦人科のガン検診 by いそ

こんにちは。

前回のガン検診からちょうど一年経ったので、婦人科を受診してきました。


検査の前に先生から「特に変わりはありませんか?」と訊かれたので、生理がほとんどない状態であることを報告しました。


「閉経するにはまだ早すぎる年齢なので、骨粗鬆症を防ぐために薬で生理を起こさせましょう。」と先生から言われました。


10年くらい前にも一度ピルを飲んで同じような治療をしたことがあるのですが、精神状態が非常に不安定になり中止になった経緯があったので、その旨を先生に伝えました。


恐らく透析をしている関係で薬を飲んでもホルモンのバランスが一定に保たれないために不調になったのではないかとのこと。
差し迫って治療しなければならないことはないので、骨密度の検査(もともと定期的にやっている)をして、骨粗鬆症の治療が必要であればしてもらえるように主治医の先生に手紙を書いておきますという話でした。


ガン検診、内診、超音波検査を受けました。
生理がないことが幸いして、子宮内膜症が改善しているとのこと。
あとは子宮内膜がやはり厚くなっているとの話でした。
以前も無月経から子宮内膜が厚くなり、一気に剥がれて大量出血して死にかけたことがあるので、心配は心配ですが、様子見るしかなさそうです。



婦人科の検診を受けた方にはわかってもらえると思うのですが、内診台の上で人としての尊厳ってなんなんだと考えさせられる体勢になり器具やら指やら突っ込まれて検査を受けると、終わったあと本当に魂が抜かれたような気持ちになります。
検査中はとにかく早く終わってくれ〜と祈り続けてます。
それでも検診は大事なので、一年に一度は婦人科を受診するようにしています。


今回は子宮頸がんの検査だけで、子宮体がんの検査はありませんでした。
やったほうがいいんでしょうが、頸がんの検査だけと聞いて少しホッとしてしまいました。


検査結果は二週間後です。
何もないことを祈ります。