病と闘うふたりの自由帳

病と闘うカップルが自由気ままに発信するブログ

初めて星野源さんのエッセイを読んだ by いそ

こんにちは。

もう長い間ずっと読書をしていなくて、好きな漫画の新刊を買ってもそのまま置いたままの状態になっているほどの無気力状態が続いていました。


前々から読みたくて買おうと思っていた本があって、ようやく今日TSUTAYAに行ったのですが、在庫切れで取り寄せも不可になっていたので、それでも何か読みたいなと思い、星野源さんのエッセイを買ってきました。


わたしはときどき無性に穂村弘さんや西加奈子さんのエッセイが読みたくなる気分の日があるのですが、一度も読んだことのない星野源さんの文章もきっとその気分に合うだろうという予感がありました。(なぜだかわかりません。)


わたしが買ったのは『そして生活はつづく』という星野源さんの初エッセイ集です。


そして生活はつづく (文春文庫)

そして生活はつづく (文春文庫)


読み始めてすぐに自分好みの文体だと思いました。
構成もうまいし、可笑しくて笑い転げたり、深く考えさせられたり、共感して激しく頷いたり、ときに脱力しつつ一気に読ませるすごさ。
己の闇の深さを躊躇なく見せつつ、だからこそ誠実さも感じられ、星野源さんの魅力がひしひしと伝わってくるエッセイ集でした。


今まで読書ができなかったのはなんだったんだろうと思うくらい集中して読み続け、ついには読み切ってしまいました。
本当に面白かった。


文才のある人をすぐ尊敬してしまうわたしなので、今ものすごく星野源コノヤローと思っています(最上級に褒めてます)。




お題「読書感想文」