読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病と闘うふたりの自由帳

心臓移植待機中の円融と精神疾患持ちで透析患者のいそが闘病生活を送りながら気ままに発信していきます。

何もなかったようで必死にもがき続けてた2016年 by いそ

闘病 雑記・雑感 いその記事

こんにちは。

大晦日ですね。
2016年が終わろうとしています。


何もなかったなぁ。
前に進むこともなかったし、何の爪痕も残さなかったなぁ。
そんな思いで、今年のブログ記事をすべて読み返してみました。


苦しんでいた上半期。
闘いは元日からすでに始まっていました。
鬱状態、過食嘔吐、自傷行為、いろんなものと闘って、苦しんでいた。すっかり忘れてました。


外泊がそれなりにできるようになった下半期。
妹のサポートもありながら、月イチを目標に外泊を続けることができました。
時には失敗して、途中で病院に帰ることもあったけど、何度もまたチャレンジして、配食サービスなど新しいことも取り入れて頑張りました。


転院による環境の大きな変化に苦しんだ年の瀬。
一年の終わりに最大の山が待ち受けていました。
今月は本当につらかった。苦しかった。
それでも1泊2日の外泊をして目標はちゃんとクリアできました。



前に進むこともなかったし、後退することもない、褒めるところもない、なんの変化もない一年だったなぁと思ったけれど、ブログを読んだら、一年を通してほんの少しだけ成長できたことを発見しました。


自傷行為はやめられてないし、しんどい日もまだまだあるけれど、来年はもっと成長することができるかもしれない。
どんなときでも諦めないで踏ん張ろうと思います。


主治医の先生から今年最後の診察で「もっと自分に自信を持ちなさい。」と言われました。
自分に自信を持つというのはなんだかとても難しいことのように思うし、おこがましいことのようにも思えます。
でも頑張ったことは頑張ったと胸を張ったらいいんですよね。
来年はそれができるようになりたいです。


今年も病室にて、年越しそば。
ほとんどお出汁もない、治療食の年越しそばです。




パートナーの円融さんも病室で新しい年を迎えます。
病人に休みなし。今日もリハビリや諸々頑張っているようです。
来年もふたりで、物理的な距離を吹き飛ばして、支え合って頑張ります。



今年一年、ブログにお付き合いくださり、本当にありがとうございました。
みなさま、良いお年を!