読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病と闘うふたりの自由帳

心臓移植待機中の円融と精神疾患持ちで透析患者のいそが闘病生活を送りながら気ままに発信していきます。

シャント閉塞 by いそ

透析 いその記事

こんにちは。

土曜日の朝、検温でシャント音が小さいと言われ、その日の午前中の検温で「音が聞こえない!」と言われました。
シャントが完全に閉塞してました。


「週明けにはシャント再建の手術だ…。」と不安な週末を過ごして、月曜日にかかりつけのシャント専門のクリニックへ。


朝8時にワーカーさんが運転する病院の救急車で行ってきました。
エコーをしてから診察。「詰まっちゃったね〜。」と言われましたが、「風船でいけるよ〜。」とすぐに先生から言われ一安心。


そこから夜7時くらいまで待たされ、術衣に着替えてスタート。
普通にPTAするのかと思っていたら、今回は血栓の除去もしなければいけなかったので、メスを入れて血管を切開。
血栓の除去と血管拡張、痛いのなんの。


先生から「このやり方しかないねん、ごめん!」と言われ、歯をくいしばって耐えました。
上腕を一針とひじの内側あたりを三針縫いました。


終わったのが夜9時ごろ。
病院に帰ったのが夜10時ごろ。
詰め所のカウンターで夜勤の看護師さんたちとおしゃべりしながら、温めてもらった夕食をとりました。オムライスでした。


今日は月曜日に透析できなかったので朝から透析。
透析室でも病棟でも会う人みんなに「大変やったね〜。」と言われた一日でした。
明日は通常通りの透析日。
あと一踏ん張り。