病と闘うふたりの自由帳

心臓移植待機中の円融と精神疾患持ちで透析患者のいそが闘病生活を送りながら気ままに発信していきます。

読書メーターまとめ 2016年1月 by いそ

こんにちは。

節分が終わりましたね。
玉木宏くんが参加した、今年の成田山(大阪別院)の節分祭ですが、残念ながら行けませんでした。
いろんな方がネットにアップしてくださった写真や動画を拝見したら、玉木くん、本当に素敵でした。笑顔がキラッキラ。わたしもあんなふうに笑いたいなあ。覇気のない顔してるからなのか、看護師さんたちに「げんなりした顔してる。」とか「毎日笑って過ごしたほうが楽しいよ。」とか言われています。


さて、前置きが長くなりましたが、面倒になる前に先月の読書の記録をまとめておきたいと思います。
では、目次からどうぞ。





グラフ

珍しく偏らずよいペースで読めたかんじ。



読んだ本と感想

2016年1月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:2736ページ
ナイス数:149ナイス

モンタージュ(1) (ヤンマガKCスペシャル)モンタージュ(1) (ヤンマガKCスペシャル)感想
Kindle無料本。主人公の父親は3億円事件の真犯人?謎が謎を呼ぶ面白い展開で一気に読めた。どういう結末が待っているんだろう。
読了日:1月3日 著者:渡辺潤
モンタージュ(2) (ヤンマガKCスペシャル)モンタージュ(2) (ヤンマガKCスペシャル)感想
Kindle無料本。2巻もハラハラドキドキで面白かった。物語をどう回収するのか最後まで読んでみたい。
読了日:1月3日 著者:渡辺潤
モンタージュ(3) (ヤンマガKCスペシャル)モンタージュ(3) (ヤンマガKCスペシャル)感想
Kindle無料本。現在と並行して、3億円事件に関わってくる過去のエピソードが展開する3巻。面白い。
読了日:1月3日 著者:渡辺潤
聖☆おにいさん (2) (モーニングKC)聖☆おにいさん (2) (モーニングKC)感想
少し読み終えるのに時間がかかったけど、やっぱりじわじわ笑えてほっこりする。面白かった。
読了日:1月7日 著者:中村光
月影ベイベ 3 (フラワーコミックスアルファ)月影ベイベ 3 (フラワーコミックスアルファ)感想
3巻になっていろいろなものが見えてきてグッと面白くなった。やっと物語が動き出したという感じ。それにしても蛍子の私服にびっくり。
読了日:1月7日 著者:小玉ユキ
ごはんぐるりごはんぐるり感想
ごはんにまつわるエッセイ。わたしは活字のごはんやひとり寿司が特に印象的でした。西加奈子さんってキュートな方なんだろうなと思う。書き下ろしの小説も、自分の体験と重ね合わせて読むことができたのですごく面白かった。
読了日:1月16日 著者:西加奈子
海街diary 7 あの日の青空 (flowers コミックス)海街diary 7 あの日の青空 (flowers コミックス)感想
自分の想いと素直に向き合う登場人物たちが清々しくていい。でも何事も永遠ではないし、いつまでも変わらぬ日々が続くわけじゃないと切なくなった。
読了日:1月16日 著者:吉田秋生
昭和元禄落語心中(1) (KCx)昭和元禄落語心中(1) (KCx)感想
Kindle版無料にて。積読本になってたんですが、アニメがスタートしたので読んでみました。面白い!続けて読みたいです。
読了日:1月17日 著者:雲田はるこ
月影ベイベ 4 (フラワーコミックスアルファ)月影ベイベ 4 (フラワーコミックスアルファ)感想
円くんが蛍子の手をそっと握ってみたり、親子のようなものと言ってみたり、どういう気持ちでいるのか謎。光が蛍子への恋心を自覚して動揺したりときめいたりするのが可愛いし、また切ない。
読了日:1月21日 著者:小玉ユキ
月影ベイベ 5 (フラワーコミックスアルファ)月影ベイベ 5 (フラワーコミックスアルファ)感想
過去の出来事が語られる5巻。そんなありきたりな展開かとちょっと残念。蛍子が円くんのことは好きなのに母親のことは嫌う理由が見当たらなかったような。幼かったから、女同士だから、母親だから、許せなかったのかな。
読了日:1月21日 著者:小玉ユキ
自虐の詩 (上) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)自虐の詩 (上) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)感想
恵まれない境遇で悲惨な生活なのに、そうは感じさせない温かいものが流れていて、読んでいると心地良く感じるから不思議でした。他人からどう見えたとしても、当の本人が幸せなんだろうと思う。下巻が楽しみ。
読了日:1月21日 著者:業田良家
自虐の詩 (下) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)自虐の詩 (下) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)感想
読み終わって涙が止まらない。ラストの熊本さんとの再会は胸に刺さる。幸せにも不幸にもどちらにも等しく価値があり、人生には明らかに意味があるという結論にたどり着いた幸江。とても勇気をもらった。どんな人生でも堂々と生きていけばいいんだ。
読了日:1月21日 著者:業田良家
料理・スイーツの撮り方きほんBOOK料理・スイーツの撮り方きほんBOOK感想
勉強になる。繰り返し読みたい。
読了日:1月22日 著者:南都礼子,Windy.Co.
フラジャイル(5) (アフタヌーンKC)フラジャイル(5) (アフタヌーンKC)感想
面白かった。あの岸先生が最後に高柴先生に頭を下げて「長年のご指導感謝します。」と言う場面でグッときました。
読了日:1月31日 著者:恵三朗

読書メーター


今月読了した本からオススメ

自虐の詩 (上) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)

自虐の詩 (上) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)

自虐の詩 (下) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)

自虐の詩 (下) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)

やっぱりこれかなあ。
師長さんが貸してくださった漫画なんですけど、「大河ドラマみたい」との言葉通り、最後までこの物語に付き合うのは本当に根気がいります。
でも最後には大きく心揺さぶられること間違いなしです。
わたしはボロボロ泣きました。
でも読書メーターでは、「特に泣けなかった」っていう感想も見られたので、どう感じるかぜひ読んで確かめてみてほしいです。


今読んでいる本

火花 (文春e-book)

火花 (文春e-book)

看護師さんが貸してくれたので、読み始めました。
又吉さんの文章のリズムがまだつかめなくて、まだストーリーにグッと入っていけてません。でも、読み終わったらどんな世界が待ってるんだろう、わたしはどんなことを感じるんだろうってワクワクする気持ちで読んでいます。


あとがき

以前からしつこくずっと推してきた「フラジャイル」のドラマがスタートしましたね。
いろんな声があるけど、わたしはドラマはドラマとして楽しんで見ています。
原作も5巻すごくよかったです。
今からでも遅くない!漫画「フラジャイル 病理医 岸京一郎の所見」読んでみてください。
"僕の言葉は絶対だ!"(笑)