読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病と闘うふたりの自由帳

心臓移植待機中の円融と精神疾患持ちで透析患者のいそが闘病生活を送りながら気ままに発信していきます。

胃カメラと腹部エコー検査をすることになった by いそ

こんにちは。


連日の吐き気と嘔吐のことで主治医(精神科)の先生と相談した結果、まあ念のため検査しとくか!となりました。


自ら「一年に一回くらいはしてますし!」と前向きな感じで言ったにも関わらず、正直嫌でたまりません。怖いです。泣きそうです。


エコーはまあいいとして、胃カメラ!
考えただけで病院から逃亡したくなります。


去年、人生で何度目かの胃カメラの検査を受けたとき、いまだかつてないくらいの激痛でしんどい思いをしたため、もう二度と胃カメラはやらないと固く心に決めていました。


なのに受けることにしたのは、妹が今年の夏頃に受けた検査でピロリ菌が見つかって除菌治療を受けたという経緯があり、薬などで治療できるハッキリした原因が見つかってほしいとの思いからです。


いつも何か症状があっても原因がわからずなんとなくストレスのせいにされて、しんどさだけが続く。
それが嫌でした。
(まあ実際ストレスが原因なのだろうから、しかたないんですけど。)


今回検査を受けてすべて異常なしとなったら、それは当然いいことなので受け入れます。
検査後もずっとわけのわからない吐き気と嘔吐が続くのはいやですけど。



では、あさって木曜日、頑張ってきます。
検査がうまくいきますように。


気合いだぁ!