病と闘うふたりの自由帳

心臓移植待機中の円融と精神疾患持ちで透析患者のいそが闘病生活を送りながら気ままに発信していきます。

引っ越すときは新居のあらゆる場所の写真を撮っておくべし by いそ

こんにちは。

ようやく引っ越しも終わりまして、新生活だァァァァ!となるはずなのですが、退去の際に揉めまして、とりあえず現在連絡待ちとなっています…。チーン。


というのも、不動産屋さんが寄越してきた担当者の方が「洗濯機置き場のホニャララがない!」と言い張ったらしく、退去の立会いをした妹と「初めからなかった!」「そんなことはありえない!」と一悶着あったようで。


引っ越し業者さんに確認したところ、「必ずそれは確認しているが、引っ越しのときになかった。」とキッパリ証言してくれたのですが、担当の方は納得しなかったようで、「3〜5万円請求するかもしれない。」と言って帰ったようです。


引っ越しの翌日、妹から「入居した時デジカメで撮ってた!やっぱり最初からなかった!」と写真が送られてきたので、この闘いの勝利を確信したわけですが…本当にヒヤヒヤしました。だって引っ越しビンボーでお金ないんだもん。


連絡がきたらガツンと言ってやりますよ。こっちには日付け入りの証拠写真があるんだぞ!と。


そして、新居は新居で洗面の水はけがひどく悪かったり、照明を取り付けようとしたら上から器具が落ちてきたり、トホホです。


今度、不動産屋さんの工事部の方が来ることになっていますが、明らかに不動産屋さんに非があるのに「その日は混み合ってて〜、時間指定できませんけどいいですかァ?」とか言われるし。


どこの不動産会社か書いてもいいのですが、もう長い付き合いですしこれからもお世話になるので許してあげますよ、まったく。


みなさん、賃貸物件に入居する際にはあらゆるところの写真を撮りまくっておきましょう。今回の引っ越しで学んだ教訓です。