読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病と闘うふたりの自由帳

心臓移植待機中の円融と精神疾患持ちで透析患者のいそが闘病生活を送りながら気ままに発信していきます。

下痢と摂食異常 by いそ

メンタルヘルス 胃腸 食事 闘病 摂食障害 いその記事

こんにちは。

 
下痢があまりにひどく、日に10回を超えるという話を先週記事にしました。
 

 

enyu-iso.hatenablog.com

 

 
透析の担当医から「腸管浮腫だから、塩分と水分を減らせばいい。」といった話をされたので、1日の飲水量を900mlから600mlにしてみると宣言したのですが、その後の経過についてです。
 
結論から言うと、下痢の回数は微減。6〜9回くらいになりました。
それでもつらいです。
お尻ヒリヒリでアズノールを塗っています。
 

観察してみて思ったことは、やはり重要なのは塩分制限だということです。
間食がいちばんお腹の状態を悪化させるということが改めてわかりました。
 
塩分を摂取するとのどが渇くので飲水量も増えてしまうし、やはり塩分を抑えることがポイントですね。
 
ただ、今現在、わたしは過食が全然やめられず、ときには過食嘔吐することもあるくらい摂食異常があります。
だから思うように塩分制限ができません。
 
過食の件は先生に相談したいけど、行動を制限されて過食できなくされてしまうのが怖くて誰にも言えずにいます。
今は食べることだけが救い。
病棟から単独で外出できなくなったら、もうおしまいです。(そうしてもらうほうがいいことはわかっています…)

 
精神状態がそんな状態なので、お腹に重い持病があるとわかっていてもうまくコントロールができないんです。
病院食だけを食べていれば、ここまでひどい下痢はしないと思うんですよね。そのことはよく理解してはいるんです。
下痢がゼロになることはないかもしれないけど、2〜4回くらいで治まっていた時期もあるし、そのくらいにはしたい。
 

下痢を治すためには、まず摂食異常をどうにかしなければいけませんね。
ひとりでどうにかできることじゃないので、主治医の先生に正直に話さなくては。

腸管浮腫を治して下痢から解放されるために、過食をどうにかします。

わたし、がんばれ。


f:id:iso92:20150729204357j:image