読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病と闘うふたりの自由帳

心臓移植待機中の円融と精神疾患持ちで透析患者のいそが闘病生活を送りながら気ままに発信していきます。

わたしの処方箋 こんなお薬使ってます by いそ

メンタルヘルス 透析 闘病 いその記事

こんにちは。

今日はわたしが処方されている薬を大公開してみようと思います。
”病と闘う〜”なわりに病気ネタはあまり需要がないブログなのですが、自分メモとして残しておきますね。
よろしければ、お付き合いくださいませ。



【精神科】

薬の名前 飲み方/使い方 回数 効能効果
セレニカR錠200㎎ 分1 夕2 夕食後2 脳の神経の過剰な興奮をおさえ、発作(けいれん、意識消失など)をおさえる薬です。感情の高まりをおさえる薬です。
レキソタン錠2㎎ 分1 毎食1 毎食後1 気持ちを落ち着けたり、緊張や不安をやわらげたりする薬です。
リボトリール錠0.5㎎ 分1 眠前1 眠前1 脳の神経の過剰な興奮を抑え、発作を抑える薬です。※1
ゾルピデム酒石酸塩錠5㎎[杏林] 分1 眠前1 眠前1 寝つきをよくし、夜間の睡眠を持続させる薬です。
デパス0.5㎎ 頓服 不安焦燥時 1回に1錠 気持ちを落ち着かせたり、緊張や不安をやわらげたりする薬です。筋肉の緊張をやわらげる薬です。
リスぺリドン内用液1㎎/mL[トーワ]0.5ml 頓服 医師の指示通り※2 1回に1包 興奮を抑えて、不安、緊張などを和らげたり、何もやる気がしない、何も興味がもてないというような状態を改善する作用があります。
リスぺリドン内用液1㎎/mL[トーワ]1ml 頓服 不穏・興奮時 1回に1包 興奮を抑えて、不安、緊張などを和らげたり、何もやる気がしない、何も興味がもてないというような状態を改善する作用があります。
ブロチゾラム錠0.25㎎[トーワ] 頓服 不眠時 1回に1錠 眠りに入りやすくする作用があります。気持ちを落ち着かせる作用があります。寝つきをよくし、夜間の睡眠を持続させる薬です。
カロナール錠200㎎ 頓服 疼痛時 1回に2錠 熱を下げたり、痛みをやわらげたりする薬です。
ロキソニンテープ100㎎ 10㎝×14㎝ 外用 貼付剤 炎症をおさえ、痛みをやわらげる貼り薬です。

※1:レストレスレッグ症候群に対して処方されています。
※2:透析前に服用します。

【内科】

薬の名前 飲み方/使い方 回数 効能効果
アムロジピン錠5㎎[アメル] 分1 朝1 朝食後1 末梢の血管を拡張して血圧を下げる薬です。心臓へ酸素や栄養を供給して冠血管を拡張する薬です。
ネキシウムカプセル20㎎ 分1 朝1 朝食後1 胃酸の分泌を強くおさえて、胃や十二指腸の潰瘍や炎症などを改善する薬です。ヘリコバクター・ピロリの除菌に用います。
バイアスピリン錠100㎎ 分1 朝1 朝食後1 血を固まりにくく血液の流れをよくし、血栓ができるのをおさえる薬です。
ビオスリー配合錠 分3 毎食後 毎食後1 腸の調子を整える薬です。
レグパラ錠25㎎ 分1 夕1 夕食後1 副甲状腺ホルモンの合成と分泌をおさえて、血液中の副甲状腺ホルモンの濃度やカルシウム濃度を下げる薬です。
フランドルテープ40㎎ 外用 貼付剤 皮膚を通して吸収させ、心臓への酸素や栄養を供給している冠血管を拡張する薬です。末梢の血管を拡張して心臓の負担を少なくする薬です。
ペンレステープ18㎎ 30.5mm×50.0mm 外用 貼付剤 痛みをやわらげる薬です。※3

※3:透析前に使用します。



2015年6月29日に薬剤師さんに作成してもらったお薬の説明書を基に作成しました。

表がかなり見づらいですけど、ご勘弁を。次の機会があれば、もう少し工夫したいと思います。(わたしの実力ではこれが限界という説も…)




わたしは双極性感情障害と診断されているのですが、いわゆる気分安定薬というものは使っていません。
以前はリーマス以外だいたいの気分安定薬は試したのですが、現在は気分安定薬を使わずにコントロールしています。
リーマスは透析しているため使用不可。)

わたしとしては気分安定薬をまた使ってみたい気持ちがあるのですが、主治医の先生のやり方でそれなりに落ち着いてきているので、まあ今の感じでもいいかなあと思っています。

ちなみにセレニカRはこれから様子を見て徐々に増やしていくとのこと。




以前ツイッターで、精神科医のぷしこま先生がこのようなツイートをされておられました。


双極性障害と言えば気分安定薬”というのが一般的な気がしますけど(個人の感想です)、人生の失点を少なくできるのであれば、気分安定薬にこだわらず、状態に合わせて薬を選択していくのもありなのかなあ。
そのあたり、わたしの主治医はどう考えて処方しているんだろう。
強く抑える薬は使いたくないとは言ってますが。


処方に関してはあまり細かいことを医師に注文つけるのがいやなので、思ってることは伝えますが、具体的な要望みたいなことはほとんど言いません。

精神科に関してだけじゃなく、内科も同様です。
疑問があればきちんと質問はします。注文はつけません。
そんなかんじ。






あとがき

ブログに「あわせて読みたい」というのを設置(?)しているのをよく見かけるので、アレやりたいなあと密かに思っていました。

検索したら、はてなブログでのやり方を書いてくださってる記事がけっこう出てきて、さっそく「あわせて読みたい」を追加してみました。

でもカテゴリーがうまくいかない(泣)

全然あわせて読まなくていい記事ばっかり出てくる。なんじゃこりゃあああああ。

しばらくはこの不便な状態でご勘弁を。