読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病と闘うふたりの自由帳

心臓移植待機中の円融と精神疾患持ちで透析患者のいそが闘病生活を送りながら気ままに発信していきます。

ショウガイ者、どう表記したらいい? by いそ

雑記・雑感 いその記事

こんにちは。

 
わたしは身体にも精神にも障害のある”ショウガイ者”です。
このショウガイの表記については、以前から『障害者』『障がい者』『障碍者』とばらつきがありますよね。
 
わたしは、巷で「害という漢字はよくない、『障がい者』と表記すべき。」という声があがり始めた頃、漢字にこだわることになんの意味があるのかがよくわからず、別に『障害者』でいいやんと軽く考えていました。
 
なぜならそれで浸透しているから。
 
『障害者』というひとつの単語として一般的に浸透していて、みんな意味も理解しているのだから、難癖つけて変える必要はない。わざわざ『障がい者』と変更したらむしろ『がい』が悪目立ちするし、屁理屈をこねてるとしか思えなかったんです。
障碍者』表記にいたっては、なにその漢字?という感想だけ。
 
今まではそんな感じで、わたしは自分が使うときは『障害者』と書いていました。
役所なんかで『障がい福祉課』みたいなのが正式名称となっているケースでは、もちろんそれに合わせて記載をしますが、普段使うのは『障害者』。
 
そんなことも深く考えなくなっていた最近のことですが、この表記に関してとても興味深い記事を読みました。
 

 

 

d.hatena.ne.jp

 

 

この記事を書かれた方は聴覚障害のある方です。

ショウガイの表記についてとてもわかりやすくまとめられていて、なるほどなあと思わされます。

 

まずは『障害』についての説明ですが、以下のように書かれています。

 

私の状態は「聴覚障害」が存在している状態です。

「聴覚障害」と同じ使われ方をしているのが「電波障害
この場合、聴覚や電波の状態が、日常的な利用に支障が出ている状態を示します。


次の段階は「障害」と「障害
前者は、邪魔になっている「物体」ですが、後者は邪魔になっている「人間」でしょうか?

もちろん違います。
人間にこの言葉を使う場合、そこでは「障害」が存在している「人間」という読み替えが行われます。

類似の使われ方が「障害事例」で、これも「障害が発生した」状況を意味します。

 

 

次に『障がい』についてはこのようにあります。(一部抜粋)

 

当たり前ですが、「がい」は単なる「音」で、意味を持ちません。
「害」は悪い意味を持つ、という指摘に対して「意味の存在しない音(ひらがな)」をあてただけのものです。

 

 そして『障碍』に関してはこうあります。
 

「碍」という漢字は、常用漢字ではありません。

この漢字の成り立ちは、「大きな石が邪魔をしている状態」なのだそうです。

私にそれを説明してくださった方は、何らかの障害を持っている人は、自分では絶対にどけられない大きな岩が立ちふさがっていて、困っている状態ですから、「障碍」者というかつて使われていた言葉の方が適切だと思う、とおっしゃっていました。

 

これを書かれた方は、この話を聞いてから『障碍者』という表記を使うようになったそうです。

 

わたしは『障害者』という表記をほとんど記号的に考えていましたが、こうして意味を正しく理解すると、『障碍者』という表記が妥当だと思えます。

でも一般的に普及している『障害者』ではなく、あえて『障碍者』と書くのはなんだか勇気のいることのようにも思えてきます。一般的に馴染みのない漢字ですし(常用漢字ではないから当然です)、なんだかわざわざこの漢字を使うのは自己主張が強すぎてイヤラシイ気がしてしまうのです。

ただ自分がきちんと概念を理解していれば問題ないですし、人から尋ねられたときもそれなら堂々と説明できるでしょう。わたしはまだその自信がありません。じぶんの中に『障碍者』と表記することがうまく取り込めていないのです。

 

件の記事にはこう書かれています。

 

私は時折説明します。

どんなに頑張っても、自分の力ではどかす事が出来ない大きな岩に苦しめられている人達が「障碍者」で、苦しめているものが「障害」だ、と。


もちろん、音としては「障碍」も「障害」も同じなので、どちらを心に持っていても表面に出てくるものは同じです。

私は「碍」という字を使用してほしいと思いますが、本当に大事なのは、そこにいる障害を持つ人が「自分の努力ではどうにもできない状態」に苦しめられているのだ、という事を「障害」という言葉を使っている人が理解している、という事だと思っています。


私が「碍」という文字を意識的に使用するのは、「その言葉の説明」を聞いた人達が、「障害」を持つという状態がどんなものかという事を、よりはっきりと概念化するからなのです。

「害」ではなく「碍」を意識してもらう事で、努力で何とかできるわけではないという状態にある人達に、「自分と同じ事が出来るはず」を押し付ける酷い行動が減る事を期待しながら、私はいつも説明します。

 

 

また、このようにも書かれています。

 

どんな漢字で「ショウガイ」を表現するか、強制する事はありません。ただ「障碍」を使う意味を繰り返し説明しながら、私は「あなたが、障害という言葉を使うときに、それが自分では克服不能な不具合である事を認識してくださるのなら、それでかまわないのです。」と付け加えます。

言葉は、音では無く概念です。あなたが「障害者」と相手を呼ぶときに、「自分自身が相手に配慮する必要がある」事を理解できるなら、それでかまわないと思っています。

 

言葉は音ではなく概念。

『障害者』表記を記号的にしか考えていなかったわたしにとって、頭をガツンと殴られた感じです。

これを機にもう一度しっかりと考えを整理した上で、特に正式に決まった表記がない場合には『障碍者』という表記を積極的に使っていきたいと思いました。もちろん、なぜその漢字を使うのかという説明が自分の言葉でしっかりできるという前提で。

 

今回は引用が多くてすみません。このテーマについては自分なりにもっと掘り下げて考えてみたいと思っています。

 

f:id:iso92:20150626151313j:image

 

この記事の下書きを書いてから、なぜかずっと公開できずにいました。

迷いやためらいがあり、自分の考えをしっかりと整理することができないでいたからです。でもどう表記するかは大切だと今は思っています。

自分のことを表す言葉だからこそ、記号としてではなく魂のある言葉を使いたいです。

 

わたしは障碍者

身体にも精神にも障害のある障碍者です。

 

f:id:iso92:20150626153049j:image