読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病と闘うふたりの自由帳

心臓移植待機中の円融と精神疾患持ちで透析患者のいそが闘病生活を送りながら気ままに発信していきます。

誰にも知られない苦しみなど by いそ

こんにちは。

 
ツイッターの非公開ユーザー(いわゆる鍵垢)の方が次のようなツイートをされておられました。
 
ひとりでこぼす涙ほど無意味なものはない
 
これには本当に共感しました。
言い過ぎかもしれないけど、人知れず泣くなんて、そんなのはバカです。(言い過ぎ!)
ひとりで泣いて耐え忍ぶのがいいなんて、わたしはちっとも思いません。
 
溜め込まず人に話す。
泣きたいときは思いきり泣いていいし、でも誰かにそのことをちゃんと知ってもらって気持ちを受け止めてもらう。
それによって自分の心も落ち着くし、頭の中も整理される。
これって、大事じゃないですか?
 
わたしは不穏になってわんわんと泣き出したら必ずナースコールをして看護師さんに来てもらいます。
泣くほど頭がパニックなんだよってことをまず見た目で伝えます。
それから看護師さんとポツリポツリ話をします。
なぜ泣いているのか?
何か不安なことがあるのか?
看護師さんによってはすぐに頓服を用意して来てくれることもあります。ありがたいです。
泣きながら看護師さんと話してるうちにいつの間にか泣き止んでいます。
 
これはあくまでも入院しているわたしの場合ですからある意味特殊なケースですけどね。
 
多くの人は苦しいときやつらいとき我慢して人知れず泣いているんでしょうか。
わたしは人前で泣くのはカッコ悪いと思ってた時期がありました。今よりずっと若い頃です。
だけど、苦しみを言葉や涙にして、誰かに伝わるように表現しないことのほうがずっとやっかいなんだと気がつきました。
 
わたしは自傷行為をします。
主にカッターで腕や足を切ります。
自殺企図も経験があります。
ベッド柵にコードをくくりつけて首をつろうとしたり、隠し持ってたカミソリで太い血管を傷つけたり。
そうする以外に苦しみから解放される方法がわからなくなるからやってしまう。
ひとりで悶々として苦しみを堪え続けた結果がこうです。
 
そういう問題行動を起こしたとき、看護師さんによく言われるのは「やるせなさを感じる。」ということです。
言葉で表現してくれたら、何かしてあげられたのに。助けを求めて欲しかった。
そんな風に思って、やるせない気持ちになるそうです。
 
でもわたしも同じなんです。
やるせない気持ちになるんです。
自己嫌悪にも陥るし、外科の先生に傷を縫われてるときなんて頭の中は、なんでこんなことをしてしまったんだろうという後悔の念がぐるぐるしています。
 
誰にも知られない苦しみなどないほうがいいんです。
ひとりでもいい。
自分以外の誰かに苦しいよって言葉で伝えなくちゃ、ひとりで抱え込んでちゃ、いつか人生が行き止まりになって出口の見つけられない迷子になってしまう。そして絶望する。
わたしは幼友達が若くして自殺してるから余計にそう思うし、わたし自身も希死念慮が強くなる極鬱の時期があるから、切実にそんなことを思う。
 
ひとりでこぼす涙ほど無意味なものはない。
 
誰かにSOSを発信できるようになろう。
ひとりで泣いてたって誰も気づいてなんてくれないんだよ。
堪え切れないつらさを、苦しみを、寂しさを、誰かにわかってもらおう。
それだけで、救われることもある。

棺で眠る幼友達の美しい顔が忘れられません。