読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病と闘うふたりの自由帳

心臓移植待機中の円融と精神疾患持ちで透析患者のいそが闘病生活を送りながら気ままに発信していきます。

闘病生活と趣味活動の両立が難しい by いそ

こんにちは。

わたしは俳優の玉木宏くんが大好きで、ファン歴は10年近くになるんですが、もちろんファンクラブにも入ってます。
玉木宏(笑)にも何度も会っていて、イベントのときには握手したり、ハイタッチしたり、会話したり、一緒に写真に収まったりもしている仲です。(それをただのファンと言う。)

でも悲しいかな、入院して闘病生活をしていると、ファン活動が思うようにできません。
ものすごく悔しいです。

以前なら全国追っかけしてて、香港まで追っかけていったくらいアクティブに活動してたのが、今や映画館にすら行けないという。

曹操暗殺 三国志外伝』も『幕末高校生』も『神様はバリにいる』も劇場に足を運べませんでした。
パンフレットだけでもと、Amazonでポチって悲しくなりました。
そのパンフレットも気力がなくて、いまだに読めてません(涙)。

ツイッターで他の玉木くんファンの方々が精力的にロケ地巡りをしたり、ファン活動を楽しんでるのを見ると、本当に羨ましくてたまりません。

どんなに玉木くんが好きでも、鬱がひどいと関心が低下して、ニュースを追うのもしんどくなってきます。
雑誌を買って読んだり、録画したドラマを観るのも大変です。
気力も集中力もないからです。
鬱で寝込むと生活する能力自体が低下するのに、趣味の活動までは本当に無理になります。

毎年誕生日には世界に一足しかないスニーカーを企画してオーダーで作ってもらって贈っていたのに、それもできなくなり、最近はメッセージを送るのが精一杯。

でもせめて映画館ぐらいには外出して行けるようになりたいなあ。

まずは8月に『ジュラシックワールド』を鑑賞することを目標に、調子を整えたいと思います。

 

www.rbbtoday.com

この『ジュラシックパーク』のシリーズは第1作目から観ていて大好きなシリーズなので、玉木くんが主人公の吹き替えをするのは本当にうれしい。

でも、3D映画は苦手なんですけどね(汗)

 


最後に精神科医の名越先生のツイートを紹介します。

 

わくわく、ね。

これがとっても難しいのだ。