病と闘うふたりの自由帳

心臓移植待機中の円融と精神疾患持ちで透析患者のいそが闘病生活を送りながら気ままに発信していきます。

夕暮れ症候群 by いそ

こんにちは。

 
不安発作が続いています。
夕方になるとソワソワし始めるので、看護師さんが「夕暮れ症候群やね(笑)」と言いました。
よくわからなかったので検索してみました。
 
夕暮れ症候群とは、夕方になると「家に帰りたい」といって落ちつきがなくなる認知症の症状の1つである。記憶が過去に戻ってしまい、過去に住んでいた自宅に戻ろうとすることから、施設に入所している患者だけでなく在宅患者に起こることもある。症状が現れて目的なく徘徊すれば、転倒や骨折、あるいは失踪などの危険性が高まる原因ともなる。たそがれ症候群と呼ぶこともある。
 
認知症の症状のひとつやないかい!!
 
 
…でも症状の欄を見ると、
 
夕方になるとソワソワする、声を荒げる、不機嫌になる、不安感が強くなる、「家に帰る」といって徘徊を始めるなど。
 
 
確かに夕方になるとソワソワするし、不安感が強くなるってのはわたしもまったくそう。
イライラして、やや不機嫌っぽくなることもあるし。
さすがに徘徊はしませんけど、落ち着きがなくなって部屋の中をウロウロすることはあります。(プチ徘徊?)

f:id:iso92:20150513065446j:image
 
夕暮れっていうのは何か人を不安にさせる空気があるのかもしれないですね。
長くて寂しい夜の始まりだし。
 
躁状態のときって長いひとりの夜が楽しくてたまらないんですよね。
誰にも邪魔されず、ワクワクしながら好きなことして朝まで過ごせるって最高。
疲労も感じないし、睡眠欲求なんてなくなりますからね。
 
でも鬱モードのときは、眠れないのがすごくしんどいし、寂しくて孤独だし。
夕暮れ症候群になるのも頷ける。
 
なんとなく、カウンセリングのときに夕暮れ症候群の話題を出してみました。
先生に「夕暮れどきに不安になる、わたしはこういう性分なんだ、くらいに思っておいたらいいんですよ。それに”わたし”だけじゃなく、他の人もそうだから気にすることはありませんよ。子どもだって夕方や夜になると熱を出したりしますでしょ?」とにこやかに言われてしまいました。
 
気にすると余計に夜が近づくたびソワソワしてしまうよね。
もう発作を起こしたくないから、ひとりの夜の過ごし方を今一度考えてみるのもいいかも。
 
昨晩は胸痛に苦しみながら「死にたい!」「透析しかない人生なんてもういやだ!」と号泣するという醜態をさらしたわけですが。
結局ジアゼパムを筋注してもらったし、本当に情けない夜でした。
 
カウンセリングの先生との話の中で今がとても”宙ぶらりん”だという話題が出ました。
それゆえに不安が強まってしまうのだろうと。
不安と緊張に負けない強くしなやかな心を手に入れたいです。
いつかはひとりで生活していかなければいけないわけですから。
ひとりの寂しく長い夜が毎日やってくる。
そんな生活に耐えていかないといけないんだから。
 
がんばろう、わたし。