病と闘うふたりの自由帳

心臓移植待機中の円融と精神疾患持ちで透析患者のいそが闘病生活を送りながら気ままに発信していきます。

改めてネットの怖さを感じる by いそ

こんにちは。

ブログをやっていると、ときに辛辣なコメントを頂いたりしますが、それはひとえにわたしの現実(真実?)を伝える力のなさのせいだと思います。
言葉足らずな面も大きいかもしれません。

以前、希死念慮に苦しんでいたとき、別のブログですが、連日死にたいと書いていたことがあります。

そのとき「死にたいなら透析やめてさっさと死ね」といったようなコメントを書かれてしまい、強いショックを受けたことがあります。

希死念慮というのは病気の症状です。
わたしの真の願望とは違います。
その微妙な違いをわたしはうまく説明できません。

死にたいなら死ね。
そう言いたくもなるでしょうね。
わたしは税金で透析医療を受けて延命されているわけですから。

けれど、希死念慮というのは本人が死を心底望んでるのとは違うってことを理解してもらえたら…と思います。
病気の症状として、死にたいという思いで頭が強制的に支配されてしまうような感じです。
その思考を実行に移して死んでしまわないように必死に闘っています。
その苦しい現実をわたしの拙い文章ではうまく伝えることができません。悔しいのですが。

ブログをやって、自分の好き勝手に思いを綴っていると、何かが誰かの憎悪を引き出すことがあるというのはわかっていたつもりですが、このブログを読んでくださってる方からも思いもよらない攻撃を受けました。

だからと言って、わたしはスタンスを変えるつもりは毛頭ないのですが、エスカレートしたら何らかの対処を考えなければと思っています。

このブログのことで、ツイッターアカウントまで調べて嫌がらせするのは、かなり悪質なネットストーカーですからね。