読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病と闘うふたりの自由帳

心臓移植待機中の円融と精神疾患持ちで透析患者のいそが闘病生活を送りながら気ままに発信していきます。

過食衝動に負けずにダイエット by いそ

こんにちは。

わたしの意志の弱さは子どもの頃からだけど、自分の決めたルールを簡単に破る自分に改めて幻滅している今日この頃です。

例えば飲み物。
水だけしか飲まないと決めたのに、すぐにロイヤルミルクティーを買ってしまう。

補食しないと決めても、コンビニでおやつを買い込んでしまう。
しかもこれは1週間分だと自分に言い聞かせても、1日で食べきってしまう。

こんな調子だから痩せられるはずもなく、ダイエットアプリにはすぐに「これ以上食べちゃダメ!」と言われる。
今朝も「前回の感じで9ヶ月経ったら、12.8kgも体重増えちゃうよΣ(°Д°)」と表示されてた。こんなメッセージが毎日出る。恐ろしい。

先生に過食してることを話したら、たぶんまた院内単独行動禁止になるだろうし、単独外出も禁止にされるだろう。
いっそ、そのほうがいいのかもしれない。
だけど、おやつを食べることを禁止されたら、ストレスでおかしくなりそうだ。

心にポッカリと空いた何かを食べることで埋めているのなら、心を満たして過食に走らないようにできないものか。
ストレス発散ならば、別の方法はないものか。

カウンセリングの先生に相談してみようかと一瞬考える。
記録に残されるよなあ…と躊躇う。
どうすればいいのかわからない。
過食してることを誰にも知られたくない。

痩せたい。
でも食べたい。

20代の頃のように代謝がいいわけでもないし、そう簡単に脂肪は落ちてくれない。
二の腕引き締めのエクササイズもやったりやらなかったりで効果は期待できない。

Sサイズだった洋服がMサイズになりつつある。
スキニーパンツなんてすでに、Sサイズじゃボタンを留められないときがある。

それなのに危機感がない。
必死になれない。
以前のようにまた体重が落ちるだろうと考えてる甘えた自分がいる。

痩せたい。
でも食べたい。

看護師さんが「歳をとったら、お尻が四角くなった(笑)」と言っていた。
笑えない。
全然笑えない。
わたしのお尻が四角になるのも時間の問題だ。

とりあえず、今日からダイエットアプリを「ゆるくやせる」から「あすけん」に変えて本格的にダイエット開始。
ゆるくとか言ってられない。
ストレッチもしたぞ。(10分で消費19kcalって泣ける。)

過食衝動には負けないぞ!
ファイオー!