読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病と闘うふたりの自由帳

心臓移植待機中の円融と精神疾患持ちで透析患者のいそが闘病生活を送りながら気ままに発信していきます。

スイカ柄パンツでいい気分 by いそ

こんにちは。

先日、外泊して妹とショッピングモールに出かけたんですが、AMPHI(アンフィ)という下着のセレクトショップで、スイカ柄のサニタリーショーツを購入しました。


いつも下着はカジュアルでシンプルなデザインのボクサータイプを選ぶんですが、このスイカ柄ショーツは思いっきりポップでキュートな感じ。

年齢相応の大人っぽいものを選ぶほうがいいのかもしれませんが、いくつになってもカワイイは正義!なのです。

子どもの頃イメージしていた30代の”オバチャン”は、ベージュのお腹まであるようなダサいデカパンツを履いていました。(あくまでイメージね。)

でも実際は、30代になってもカワイイものが好きだし、ダサいデカパンツは履きたくない。

入院生活をしていて少しいい気分になるのは、お気に入りの服を着て過ごしたり、またそれを褒められたりするときです。

カウンセリングの先生からも「身につけるものにとてもこだわりを持っている。」と言われます。

スイカ柄ショーツをキッカケに、これからは下着のオシャレも楽しもう!と思いました。