病と闘うふたりの自由帳

病と闘うカップルが自由気ままに発信するブログ

芯のある明るさを求めて by いそ

こんにちは。

 
ツイッターで精神科医の名越康文先生をフォローさせていただいてるのですが、先日こんなツイートをされておられました。
 

 

このツイート、なぜだかわからないけれど、とてもガツンときました。
そして心にスーッと入ってきて、その通りだなあととても共感しました。
 
芯のある明るさとはどういうものなのか、わたしにそれが明確にわかっているわけではありません。
でも、この『芯のある明るさを手に入れないと(求め続けないと)生きて行けるものではない』というのは本当にそのとおりだと感じるんです。
 
生きていくことは恐怖。
芯のある明るさを手に入れることで、心が不安定になってグラつくことがなくなる、という気がします。
恐怖心や不安に苛まれることに太刀打ちできるような気がするのです。
 
芯のある明るさとは自信とも少し異なる気がするし、楽観主義になるということでもないと思います。
 
この芯のある明るさを自分なりに模索しながらこれから求め続けて生きていこうと思っています。