読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病と闘うふたりの自由帳

心臓移植待機中の円融と精神疾患持ちで透析患者のいそが闘病生活を送りながら気ままに発信していきます。

プライバシーポリシー by いそ

こんにちは。

現在利用しているサービスのプライバシーポリシーについてまとめました。
ご確認ください。

iTunesアフィリエイトプログラム

当ブログではiTunesアフィリエイトプログラムに参加しています。当プログラムにおいて、Performance Horizon Group(PHG) 及び広告主がマーケティング活動のためにコードやCookieを使用しています。その過程において個人を特定する情報は収集されません。


Amazonアソシエイト・プログラム

当ブログは、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
このプログラムにおいて、第三者がコンテンツ及び宣伝し、ユーザーから情報を収集し、訪問者のブラウザにCookieを設定することがあります。プログラムにおいて情報の扱いについてはamazon.co.jp プライバシー規約をご確認ください。

Google Analytics

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにCookieを使用しています。Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、Cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧下さい。

何度目だ、胃カメラ。 by いそ

こんにちは。

 

二週間ほど前から胃の調子があまりよくなくて、今回内視鏡の検査を受けることになったのですが、定期検診というわけでもなく胃カメラはだいたい年一回のペースで受けてます。

わたしは消化器系も弱いので、なにかと検査があってやっかいです。

 

胃カメラはとにかく苦手で、何回やっても慣れないし、過去には壮絶なまでに号泣しながら受けたこともあり、検査に対する不安を訴えていたので今回は病棟で事前にジアゼパムを筋注してもらってから挑みました。

 

昨夜の夜勤の看護師さんは「注射して行ったらボーッとしてるうちに終わるから大丈夫。」と言ってくれたのですが、いつも通り意識はハッキリしていて胃カメラはめちゃくちゃしんどかったです。

 

検査中、「ゲップしないでください!」と何度も先生から厳しく言われるのですが、ゲップを我慢したくても苦しくてどう頑張ってもゲップが出てしまう。

 

せっかく胃に空気を入れて膨らませても、ゲップをしたら胃が縮まるのでまた膨らませなければならず、検査がどんどん長引いてしまうため、わたしとしてもどうにかゲップを我慢したい。それでも出てしまうゲップ。哀しい。

 

「もうむり!検査もういいです!」と叫びたかったんですけど、そんなこと言えるわけもなく、ひたすら早く終わることを強く強く願いながらゲップしてました。

 

どうにか検査が終わったとき、付き添ってくれていた病棟の看護師さんが「見てるだけでしんどかったわ~、よう頑張ったね!」と言って、肩をポンポンとしてくれました。

 

早くこの病院にもカプセル飲むだけで検査できる胃カメラが導入されてほしい。そうすれば苦しみながらゲップして叱れられることもないのに。

 

病棟に帰ったら、注射が効いてきたのか、検査が終わった安堵感なのか、なんだかボーッとしてきて、体の力も抜けて、ベッドでふにゃ~となってました。

 

前日の夜9時から絶飲食をしていたので、お昼ごはんはモリモリ食べれるかなと思っていたのですが、食欲もわかず、胃もなんだか重たいし、それほど食べられませんでした。

 

去年の胃カメラのときは生検をしたのですが、今年はそれもなかったし、たぶん結果は問題なしだろうと思ってます。

またストレスの類いかなぁ。

 

諸々落ち着きますように。

 

f:id:iso92:20170223135751j:image

 

追記 

enyu-iso.hatenablog.com

 

 

 

 

 

主治医からの外出禁止令とアディクション by いそ

こんにちは。


絶不調で更新できず、コメントのお返しも遅くなりました。


自傷行為をした翌日に診察があり、主治医の先生から外出禁止を言い渡されました。
先生が「開放処遇の制限について」という書類をその場で作成して、わたしは説明を受け、その日の15時より院外には出られなくなりました。


理由は当然、自傷行為のおそれがあるため、です。
家族の同伴があっても外出不可です。


院内は単独行動可としてもらえました。
そこまで制限したらあかんやろ…と先生が自分に確認するように呟いてました。


今まではわたしが自傷行為をしても、わたしの主治医の先生はわたしに対して制限をしませんでした。
それだけ信じて見守ってくれていました。(閉鎖病棟に入れられたことはありますが。)


でも今回、もうこのへんで何か手を打たなければ同じことをずっと繰り返すことになるということで、外出禁止となりました。
これ以外に今は打つ手がないという、先生の苦渋の決断だとわかっているので、そこはちゃんと理解して、納得しています。



きのう、ツイッターでこのようなツイートを読みました。


精神科医の方のツイートです。
わたしが自傷行為をいかにしてやめるかというテーマについて、大いにヒントになるつぶやきでした。


わたしは前回、なぜ自傷行為をやめたいかという理由に「リスクが多いから」「大切な人たちが心を痛めるから」と書きました。
でもそれではだめなんだと気付かされました。
わたし自身が、自分を変え、生き方を変え、自傷行為に依存することなく生きていく力を身につけるんだという強い気持ちを持たなければ、やめられないんだと思いました。


ましてや、腕を切ることでつらい気持ちがラクになるとか、リセットされるとか、そんなふうに考えてるうちは、やめることなんてできないでしょう。


外出禁止になり、自傷できない環境に置かれている今は一時的にやめられても、処遇制限が解除されたら、今のままではわたしはまたつらくなったとき腕を切ってしまうと思います。


自傷行為に依存してしまっている今、その生き方を変える以外やめることはできない。
生き方を変えるためには、わたしが変わる以外に方法はない。


果たしてわたしはやめられるんでしょうか。
自傷行為への依存から脱却できるんでしょうか。不安でいっぱいです。
過食、大量服薬、リストカットなど。自傷行為を始めてもう十年になります。


生き方を変えたいという思いが自分の中から自然に湧き出てくるのを待つしかないのか、それとも何か方法はあるのか…。
もがいて、あがいて、答えを見つけるしかなさそうです。