病と闘うふたりの自由帳

心臓移植待機中の円融と精神疾患持ちで透析患者のいそが闘病生活を送りながら気ままに発信していきます。

淡々と、執拗に、腕を切り続けた by いそ

こんにちは。


今日は歯科受診で外出したので、ついでにスーパーまで買い出しに出かけてから帰宅して、昼食を作りました。



ツナと塩昆布の和風パスタ、コーンポタージュスープ、野菜サラダ。
コーンポタージュスープは腎臓病食のレトルトだし、メインのパスタも茹でてあれやこれや和えるだけの簡単レシピ、昼食はパパっとできました。


のんびり食べて、定期薬も飲んで、穏やかな心持ち。


洗い物もそんなになかったし、家でのひとりごはんはしんどくなる間もなく終了。



そして。
ここからのわたしの行動がたぶんまったく誰にも理解されないと思うのですが…。


寒いから和室に移動してこたつに入り、しばしスマホをつついた後、立ち上がってカッターナイフとタオルを用意し、腕を何回も切りつけてはちょっと眺めてから血を拭き、また腕を数回切りつけて眺めたあと血を拭き、それを執拗に繰り返しました。


パニックになったとか、自暴自棄になったとか、イライラしたとか、つらいことがあったとか、そういうことはなにもなく、なんの感情もわかないまま、傷だらけ血だらけの腕を眺めて切りつけてました。


ただ、痛みだけは感じてました。
切るのは痛かったし、切ったあとの傷もズキズキしてました。
傷がない箇所を新たに切ったり、一度か二度切った傷の上をまた切って新たな傷ができたり、その繰り返し。
それでも心が納得してない感じがして、なかなか止めれなかった。


そのうちなんとなく止めれたので、服に血がつかないよう腕にタオルを巻いてから上着を着て病院に戻りました。


どうせすぐにバレるだろうからと思い、病棟の受付で自己申告したら当然驚かれ、病室で傷をみるというので待機していたところ、女性の病棟師長さんがやってきて「大丈夫?骨密度検査によばれたけど、行ける?」と大変マヌケなことを言ってきました。


たった今、自傷行為をして傷だらけの腕で帰ってきたというのに、骨密度検査に行けるかって、骨密度検査ってそんなに緊急性の高い検査だっけ?と呆れたのですが、この人こういう人だしなぁと思って素直に検査に行きました。


それから病室に戻っても自傷行為については何の感情もわかず、まさに「無」の状態。
受け持ちの看護師さんからは「今までにないパターンで怖い。」と言われました。


今日、「自傷行為 心境」で検索したときにヒットしたブログに「自傷行為っていうストレス発散方法があるってことを理解してあげましょうね」みたいな内容が書かれていたのですが、そのブログ主は自傷行為をしたことがなく、周りにリストカッターが多いから自傷行為者の心理がわかるという前置きをして記事を書いていたので、自分の体験でもないのにわかったようなこと書かないでくれ!と本当に本当に腹立たしかったです。


自傷行為をなぜするのかについては、そんな単純明快に答えが出せるわけないんです。
やってる本人だって理由を答えられないことのほうが多いんですから。


自分のしてることを正当化したいわけではないですけど、こうやって自分の精神をいろんなことから守ってるんだと自分では理解してます。
でも、傷つけることには様々なリスクがあるし、なにより大切な人たちが心を痛めていることをわかっているのでやめるべきだとは思っています。
苦しいです。

ブログ開設から2年 by いそ

こんにちは。


なんか書きたいなぁと気にはなりつつ更新ができない日々が続いていたところ、はてなブログからのメールで、今日でブログを開設してから二年が経ったことを知り、しみじみとこれまでのことを思い返したりしています。


二年前の今頃は、二年後にまだ円融さんが心臓移植の待機してるなんて思ってもいなかったし、少なくとも円融さんは移植手術を受けて大きく生活が変わっているだろうなと予想していました。


まぁ、実際のところ、二人とも苦しい日々からは抜け出せておらず、励ましあったり、ときには喧嘩したりもしながら過ごしています。




今日は何も予定のない日曜日でした。
気分転換に、近くにオープンしたスタバまで行ってきました。
ゆずシトラスティーを買ってきて、病室で少しずつ飲んでいます。美味しいです。



いつまで続けられるかわかりませんが、これからもずっとこのブログから2人の思いや日常を発信していけたらいいなと思っています。
円融さんも毎日いろんなリハビリを必死で頑張っているので、いつかまたブログに帰ってこられると思います。


ここまで続けてこられたのは、読んでくださる方のおかげです。
これからもよろしくお願いします。


病室にて。

高校時代、同級生になった先輩のはなし by いそ

こんにちは。


今日たまたま自分と同じ名字の人についての話題になり、高校時代にふたり同じ名字の男の子がいたことを思い出しました。


そのうちひとりは、高校3年のときに留年して同級生になった先輩の方でした。


サッカー部で元気に走り回っていたその先輩は、大学病院で足を切断して長く入院したために留年になったのですが、学校に復帰してからはどうしても浮いた存在で、ときどき同じサッカー部だった男子数人が遠慮がちに話しかけているのをよく目にしていました。


わたしは同じ名字であるという親近感と、自分もずっとお世話になっていた大学病院でその先輩も治療を受けていたということになんとなく縁を感じて、話しかけてみたい気持ちでいっぱいでした。


ただ、足を切断した苦しみは相当なものだろうし、休み時間もいつもひとりきりで席に着いたまま黙って過ごしている姿を見て、当時のわたしにはどう接するのが正解なのかまったくわからず、声をかけるキッカケもつかめずにいました。


手紙を書いてみようかと考えたりもしました。
歳は違うけど、同級生になったのも縁だからぜひ友達になりましょう!という気持ちを伝えたかったのと、これはおごりかもわからないけど、病気の苦しみは誰よりわかるから話し相手になれたらいいなと思っていました。


高校時代はすでにわたしも透析をしていて、友達の理解があまり得られず、孤独を感じることが多かったので、何か力になれないかなぁと、しょっちゅうその先輩のことが気にかかっていました。


でも、会話することも挨拶することさえもできないわたし。
なんでもっと自然に振る舞えないんだろうと情けない気持ちでいっぱいに。
あれこれ考えすぎなのはわかっているけれど、勇気がなかった。


結局、卒業まで話をすることはできませんでした。
最後の三学期のほとんどを入院していたわたしは、かろうじて卒業式だけ出席してフェードアウトしてしまいました。



卒業してからその先輩と自動車学校で再会したときは本当にうれしかったな。
わたしのことなんて記憶にないだろうと思い、話しかけることはなかったけど、一生懸命教習を受ける姿を見て、ずいぶん励まされました。
これからの人生、いいことがいっぱいありますようと願わずにはいられなかったです。


山あり谷ありだろうけど、前を向いて人生を送っていてほしいなぁ。
もちろんわたしも俯かず、生きていこう。
負けないように。


婦人科がん検診の結果と親子丼 by いそ

こんにちは。

朝から婦人科にがん検診の結果を聞きに行ってきました。


「おはようございます。」と先生に挨拶して椅子に腰かけたら、先生が笑顔で「おはようございます。今日はがん検診の結果だけでしたね?特に異常はありませんでした。」と一気に言って、あっけなく話が終わってしまいました。


一応、前回の内診のときに言われたことで気になっていたことを質問して、先生の説明を聞いて納得したので、お礼を言って診察室を出ました。


5分もなかった気がする…。


まあ、とにかく今年も異常なしでよかった。
何もなければ次回は一年後。



婦人科受診が終わってから病室に戻ってしばらく休憩し、外出して自宅に帰りました。


冷蔵庫と冷凍庫の食材(特に卵)を極力消費したくて、自宅でお昼ごはんを作って食べることにしたからです。


卵、鶏もも肉、玉ねぎがあったので、これは親子丼を作るしかないやろ、というわけで、こんな昼食になりました。



親子丼、ニラと油揚げのお味噌汁、野菜サラダ、らっきょうの甘酢漬け。


鶏もも肉が中途半端に余ったのですが、3つ残ってた卵も使い切ったし、かなり満足です。


作るのも楽しかったのですが、何より洗い物が苦にならなくなって、すごくラクになりました。


Instagramでよく料理の写真を見るんですが、毎日おかずを何品も作ってる方が結構いらっしゃって、洗い物が大変そうだなぁといつも思ってたんですけど、きっと料理が好きな人は洗い物も別に苦にならないんだなぁとわかりました。


作るのも楽しいし、後片付けも楽しかったけど、ひとりで食べるごはんはとても寂しかったです(笑)


病院でもひとりで食べてるけど、なんで家だとこんなに「ひとり感」が増すんだろう。
不思議です。

「楽しむ」をテーマにして挑んだ外泊に失敗した by いそ

こんにちは。

週末に向けて尻上がりに調子が良くなり、外出だけの予定を急きょ外泊に変更しました。


土曜日は、以前から元勤務先の先輩に「一緒にランチ食べに行こう!」と何度も誘われていて、いろいろ言って延ばし延ばしにしてたのをさすがにあかんかなと思い、行くことに。(行くまでローテンションだったんですが、結局のところ、めちゃくちゃ楽しかった。)


今回は前日あまり睡眠が取れなかったものの、調子がよく、前回「100%自炊」をテーマに取り組んで目標達成できずだったので、今回は「リベンジ」という目標にしようかと思ったのですが、もっと肩の力を抜いたほうがいいと考えて「楽しむ」をテーマにしました。


実際、「楽しもう!」という気持ちで家事をするとストレスを感じることがなくて、いつもならちょっと面倒くさいなと感じる洗い物も、音楽をかけながら鼻歌まじりにやっていたらあっという間に終わってスッキリ爽快。


ちなみに夕食のメニューはこちら。
ミートソースパスタ、チキンスープ、サラダです。


チキンスープは腎臓病食用のレトルトを温めただけ。
その代わり(?)、ミートソースはちゃんと手作りしました。
腸を切った人のためのレシピ本に載っているレシピで作ってみたらめちゃくちゃ簡単で美味しかったです。
サラダはピエトロのノンオイルドレッシングで食べました。腸の負担を考えて、ノンオイルドレッシングをチョイス。(本当はマヨネーズで食べたい!)


腸を切った人を元気いっぱいにする食事170―おなかにやさしい! もたれない! 食がすすむ!

腸を切った人を元気いっぱいにする食事170―おなかにやさしい! もたれない! 食がすすむ!



この夕食のあとから違和感があったのですが、しっかり食べたのにまったく満腹感が得られず、空腹感で吐き気がしてくるほどだったんです。


コンビニにバナナを買いに行き、バナナを食べたのですが、食べてるときはなんとなく治まるのに、食べ終わったら襲ってくる激しい空腹感。


たぶんストレスを感じていたんだと思います。
それでも頓服を使ったりテレビを観たりして気を紛らしながら過ごしていました。


強い不安感に襲われて、いてもたってもいられなくなり、病棟に電話したのがたぶん夜の10時半前くらい。
不安でしかたなくてどうしていいかわからないけど明日まではなんとか頑張りたいと看護師さんに相談したのですが、結局病院に戻ることに。


病棟に着いて夜勤の看護師さんに出迎えられた途端、号泣。
悔しくてたまらなかったから。
日曜日の朝昼の献立もちゃんと考えていたし、調子がいいから今回の外泊は自信もすごくあった。
また失敗してしまったという情けない気持ちで悲しくて悔しくて。


看護師さんと話して、「お昼に遠出して、人と会って、楽しかったのと、夜になって急にひとりになって心細くなったギャップが大きすぎたのかな。外出するときは外出だけ、外泊のときは予定を入れずまずは家のことだけするのがいいかもしれないね。」と言われてしまいました。
反省。


今回「楽しむ」というテーマにしたけれど、前から言われている「外泊は遊びじゃない」という言葉が胸にきます。
気分転換も大事だけど、まずはひとりで家で過ごす時間を大切にしていこうと思います。



きのう、夜に帰ってきてしまって食材もそのままになってるし、忘れ物もしたので、家に帰ってお昼ごはんを作りました。



冷凍しておいた昨夜の残りのミートソースを使ってご飯を炒めて、オムライス。
卵3個使ったけど、あと3個も残ってる。
また帰ってきて何か作ろう。
家に帰ることを楽しいと思えるように、家でリラックスした時間が過ごせるように、少しずつ積み重ねていこう。

「こうあるべき」や「こうするしか」という思考から自分を解放する by いそ

こんにちは。

最近ツイッターでたまに玉木宏くんファンの女子高生にフォローされることがあって、動揺しているいそです。


相手が大学生ですら緊張するのに、プロフィール欄にJKとか書いてあるともう未知の生き物のような気がして、同じ玉木宏ファンとは言え、はたしてまともに話ができるんだろうかと戸惑ってしまいます。


わたしは30代なので、高校時代なんて本当にはるか彼方。
わたしが女子高生だった頃にはJKなんて言い方なかったし、ポケベルやルーズソックスの時代だし、当たり前だけど今の女子高生とは日々の過ごし方や生き方そのものが全然違ってたと思う。
SNSなんてなくて、狭いリアルの世界だけで生きていた田舎の女子高生でした。



先日のカウンセリングのときに「30代だから、それ相応にならなければ。」とか「40代になったら今よりもっとしっかりしなければ。」といったような発言をして、心理の先生からものすごい反撃をくらいました。
他の件もあって、見えない散弾銃で約80分ひたすら撃たれまくって、心が負傷して死んだと思いました。


先生から「べき」とか「しか」という考え方はよくないといった話をされ、そんなふうに思うときは危険と言われました。


「しか」というのは、わたしが「わたしの病気は自分の努力で治す"しか"ないんでしょうか?」と発言したことを受けて、先生が「しか」と考えるのはダメだと指摘したものです。


確かに「こうあるべき」とか「こうするしか」と考えていたらとても窮屈だし、ストレスがたまるいっぽうです。
「べき」や「しか」という思考をやめることで、こころが解放されるのかもしれないと感じました。


30代はこうあるべき、40代はこうあるべき、そうやって生き続けていくのはかなりしんどいことです。
また、こうするしかないと思いつめることも自分の首をしめるだけ。
目標や理想は持っていていいと思うし、なりたい自分を思い描きながら、でも目指す道がそれしかないなんてことを思わず、ときに修正しつつ生きていくのが大切なことかもしれません。


それにしても、10代の頃は「10代はこうあるべき」なんて考えたりしなかったなぁ。
いろいろ悩みや不安はあったけど、夢や希望があったから今よりもっと心が自由だった気がするし、新しいことにチャレンジする勇気があった。どんな風に変化しても、それを恐れることなんてなかったように思う。
いつからこうじゃなくちゃいけないみたいに思うようになったのかな。


振り返ってみると、30代になったあたりからかなぁ。


女性は特に30代40代ってすごく変化していく時ではないかと思います。
じわじわと確実に若さを失っていくのを感じ、子どもを産みたい人はリミットを意識せざるを得ないし、転職などキャリアのための新しいチャレンジをする最後のタイミングを考える人もいるだろうし、わたしのように焦ってもがいて「あるべき姿」を求めている人もたくさんいるのではないでしょうか。


もっと自由に、もっとラクに、自分が心地よいと思える生き方を見つけられたらいいなぁと思います。
そして、もし自分らしい生き方にたどり着いたとしても、それをいつでも新しいスタイルに変えられる柔軟さを持ちたいし、遊びの部分を大切にしていきたいです。


FREE

FREE

  • 玉木 宏
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes



なんか説教臭いわりに中身のないエントリーですみません。
ブログを更新するときプレビューで読み直すのですが、そのときいつも思い出すのは、かつてテレビ番組で笑福亭鶴瓶さんがゲストのダウンタウンの面白さに嫉妬して「おもろなりたーーーーーい!」って本気で悔しがってた、あの姿。
わたしもおもろなりたいです。

婦人科のガン検診 by いそ

こんにちは。

前回のガン検診からちょうど一年経ったので、婦人科を受診してきました。


検査の前に先生から「特に変わりはありませんか?」と訊かれたので、生理がほとんどない状態であることを報告しました。


「閉経するにはまだ早すぎる年齢なので、骨粗鬆症を防ぐために薬で生理を起こさせましょう。」と先生から言われました。


10年くらい前にも一度ピルを飲んで同じような治療をしたことがあるのですが、精神状態が非常に不安定になり中止になった経緯があったので、その旨を先生に伝えました。


恐らく透析をしている関係で薬を飲んでもホルモンのバランスが一定に保たれないために不調になったのではないかとのこと。
差し迫って治療しなければならないことはないので、骨密度の検査(もともと定期的にやっている)をして、骨粗鬆症の治療が必要であればしてもらえるように主治医の先生に手紙を書いておきますという話でした。


ガン検診、内診、超音波検査を受けました。
生理がないことが幸いして、子宮内膜症が改善しているとのこと。
あとは子宮内膜がやはり厚くなっているとの話でした。
以前も無月経から子宮内膜が厚くなり、一気に剥がれて大量出血して死にかけたことがあるので、心配は心配ですが、様子見るしかなさそうです。



婦人科の検診を受けた方にはわかってもらえると思うのですが、内診台の上で人としての尊厳ってなんなんだと考えさせられる体勢になり器具やら指やら突っ込まれて検査を受けると、終わったあと本当に魂が抜かれたような気持ちになります。
検査中はとにかく早く終わってくれ〜と祈り続けてます。
それでも検診は大事なので、一年に一度は婦人科を受診するようにしています。


今回は子宮頸がんの検査だけで、子宮体がんの検査はありませんでした。
やったほうがいいんでしょうが、頸がんの検査だけと聞いて少しホッとしてしまいました。


検査結果は二週間後です。
何もないことを祈ります。